「未払い分の婚姻費用は遡って請求できるの?」婚姻費用Q&A | 【初回相談30分無料】鹿児島で離婚に詳しい弁護士をお探しなら弁護士法人グレイスへ

【Q3】 未払い分の婚姻費用は遡って請求できるの?

A3. 「婚姻費用分担請求調停」を申立てた時からとすることが多いです。

遡って請求することが出来ますが、実務上、「婚姻費用分担請求調停」が申し立てられた月までしか遡って請求できないケースが多いです。
したがって、別居開始後、相手方が婚姻費用を払わない場合は、出来る限り早く「婚姻費用分担請求調停」を申し立てるべきです。

なお、当事務所は「婚姻費用分担請求調停」の着手金を無料で行っておりますので、金銭的に切迫している方でも速やかに婚姻費用の支払を受けることが出来るようになります。

その他の婚姻費用Q&A

Q1 婚姻費用はどうやって相手に求めればいいの?
Q2 婚姻費用の支払はいつから請求できるの?
Q3 未払い分の婚姻費用は遡って請求できるの?
Q4 払いすぎた婚姻費用は取り返せないの?
Q5 相手が一方的に出て行った場合も婚姻費用を払う必要があるの?
Q6 相手が不倫をした為に別居になったのに、その場合も婚姻費用を払う必要があるの?
Q7 相手の家賃や光熱費などが口座から引き落とされている場合、婚姻費用として支払うべき金額から差し引けるの?
Q8 婚姻費用として支払うべき金額から住宅ローンの支払額は差し引けるの?
Q9 子供が私立学校に通っている場合に学費は考慮されるの?
Q10 相手が夫婦の共有財産を持ち出していった場合も婚姻費用を払わないといけないの?
Q11 婚姻費用分担請求調停の結果を待つ余裕もないときに何か方法は無いの?
Q12 婚姻費用分担請求調停が確定したのに相手が婚姻費用を支払ってもらえない場合はどうすればいいの?


「婚姻費用について」TOPページへ戻る


離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129離婚に関する相談受付中! どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください! 0120-100-129

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい

離婚・慰謝料請求の初回相談は30分無料です。お気軽にご相談下さい